シミの種類によって原因、治療法が異なります!

 

「シミの種類は何種類あるの?」と書かれた壁紙を指さす看護師の画像

 

美肌を目指す上で大きな弊害となるシミ。

 

せっかく肌が白くても茶色のシミがあるだけで美白とは程遠いし、年齢も老けて見えてしまいますよね。

 

シミの種類や原因は様々で若い人から年配の方まで年齢関係なくシミは生じます。

 

シミの種類によって予防や改善の方法も様々。まず、自分に出来ているシミはどんな種類のものなのかを理解するようにしましょう。

 

シミの種類について

 

シミは数多くの種類がありその原因やケア方法も様々です。シミの種類をいくつか見ていきましょう。

 

老人性色素斑

紫外線を原因とするシミです。長年かけて溜まったメラニンが表に出てくるようになることから、ある程度の年代になって出現することが多いため老人性という名称がつけられました。

 

薄褐色〜褐色で平たく丸い色素斑です。大きさは数mm〜数十mmと様々。頬骨の高い部分やこめかみにできやすいです。

 

肝斑

女性ホルモンが原因でできるシミ。30〜40代の女性に多く、左右対称にできることが特徴です。

 

また、閉経と共に消えることも知られています。女性ホルモンに変調をきたす妊娠中や、ピルを服用している人にも生じやすいです。

 

雀卵斑(そばかす)

遺伝性が強いシミで、小学生くらいで出てきます。小さく細かな粒のような斑点が鼻を中心に頬全体にちらばるように出るのが特徴。色は淡褐色なことが多いです。

 

成長と共に増えたり、紫外線の影響で色が濃くなることもあります。

 

遅発性両側性太田母斑

生まれつき額、目のまわり、頬などにあるあざです。色は茶褐色から青色のものが多く、日本人に多いといわれています。

 

目の下にあるものはクマと間違えやすいのですが、美白化粧品などは効果がありません。治療のためにはレーザー照射を行う必要があります。

 

脂漏性角化症

紫外線を原因とするシミで、メラニン色素が大量に溜まり、角質が角化してイボのようにふくらんでいます。

 

ふくらんでいるので老人性イボとも呼ばれるのですが、原因はシミと同じでメラニン色素によるものです。

 

炎症性色素沈着

皮膚が炎症を起こし、炎症が治まった後に発生します。ニキビ跡なども炎症性色素沈着に該当します。

 

時間が経てば徐々に薄くなっていくのがですが、紫外線が当たることで濃くなったり消えなくなったりします。

 

その他にも摩擦黒皮症や花弁状色素斑など様々な種類のシミが存在します。

 

シミの原因となるメラニンとは

 

メラニンは紫外線によるダメージから皮膚を守るために生成されます。

 

紫外線が皮膚内に侵入するとDNAが破壊したり、細胞が死んだり皮膚がんの原因となるなど皮膚に重篤な症状をもたらすため、メラニンによる肌の保護はとても大切です。

 

メラニンは生成されたあと皮膚のターンオーバーと共に角質となって体外へ排出されるのですが、角化細胞の異常によって過剰にメラニンが作り出されたり、ターンオーバーが乱れることによってメラニンが排出しきれず残ってしまいます。

 

こうして残されたメラニンが増えていくことで目に見えるシミとして肌の表面に現れます。

 

日本人はメラニンの色素が濃いので、シミが出来ると濃い色になりやすく目立ちやすいです。

 

紫外線が原因の場合、美白美容液が効果的!

 

紫外線が原因で濃くなってしまったシミの場合、美白美容液で症状の改善が望めます。

 

また、メラニン生成を抑えたりメラニンを分解するはたらきのある化粧品を使うとシミの予防にも効果的。

 

美白効果があり、メラニン色素にもアプローチしてくれる化粧品としておすすめなのがシミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)です。

 

マッサージクリームとしての効果もあり、1つで10役をこなすオールインワンゲル!マッサージによってハリのある肌に生まれ変わるので、一気に若返りを目指せると大変注目されている化粧品なんですよ♪

 

 

 

>>シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)の公式サイトはこちら

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

 

関連ページ

誰でもわかるシミの原因と対策
美白しようとシミができる原因を調べてみても、難しい言葉がいっぱいでわからない!と言う方に向けて、とても簡単にシミの原因と対策方法などを紹介しています。
シミと肝斑の違いって?理解して正しいスキンケアを
シミも肝斑も顔にできた黒ずみですが違いがあると言われていて治療方法も異なるようです。シミと肝斑の違いを理解して正しいスキンケアをすれば自分で予防対策できます。
シミ取りは皮膚科で治療するのが一番いいの?
シミ取りと言えば皮膚科でレーザー治療ですよね!皮膚科に任せれば安心ですが、その治療にはリスクもあるんです。安全にシミを薄くするにはどんな方法が良いのでしょうか?
シミを消すにはレーザー治療が一番?
シミはレーザー治療でキレイになると思っている方いますよね?実はそうとも限りません!そもそもレーザー治療ってなぜシミに効果があるのか知っていますか?
妊娠中にできたシミ、産後に消せる?
妊娠中から姿を表したシミが、産後さらにひどくなる人もいれば薄くなる人も。シミはデリケートな産後でもケアできる?どんなケアが良いの?などを紹介しています。
シミに効果的な市販薬を選ぶには?
シミに効く市販薬とは?色々と販売されていますが、セルフケアでシミ対策をするには、どんな市販薬を選べば良いのか?種類や成分、選ぶポイントなどを紹介しています。
ステロイドでシミが消えるって本当?
CMなどでお馴染みのステロイドでシミが消えるとは本当なのでしょうか?ステロイドは皮膚トラブルに効くものの強い薬と言うイメージですがシミにも使えるのでしょうか?
医薬品を使えば本当にシミに効く?
薬局などに行くとシミに有効とされている医薬品がたくさん並んでいますよね。そのお薬、本当にシミに効果はあるのでしょうか?医薬品の効果と含まれる成分について調べてみました!
頑固で消えずらいシミを改善する方法
気を付けていたつもりなのに、顔や手の甲に出現してしまったシミ。なかなか頑固で改善しにくいんですよね。そんな頑固なシミを改善するためにはどういった行動をとるのが良いのでしょうか。
間違ったクレンジングがシミを増やす!?
女性であれば毎日行うであろうメイク。1日の終わりにはクレンジングで肌をリセットさせますよね。でも、このクレンジングがシミの原因になってるって知っていましたか?シミになってしまう原因と正しい洗い方を紹介します!
シミと色素沈着は別物!明確な違いとは?
シミも色素沈着も皮膚に茶色い物体を残すものというイメージですよね。でも、シミと色素沈着って実は全く別物なんです。ではこの二つの違いとはなんなのでしょうか?
尿素にはシミを消す効果がある!?
尿素を使った化粧品が販売されていますが、これにはシミを消す効果があるといわれています。実際、尿素によるシミへの効果はあるのでしょうか?また、ちょっと気になる副作用についても調べてみました。
シミを薄くするにはターンオーバーが大切!
シミって出来るとショックですよね!シミを薄くするには乱れたターンオーバーを正常に近づけることが大切です。ではどうやってターンオーバーを整えるのでしょうか?
ハイチオールCは本当にシミに効果があるの?
みんなが知っているハイチオールCはシミに効くって有名ですよね!本当に出来てしまったシミが消えるのか、ハイチオールCがなぜ効くのか調べてみました!
椿油でシミ退治!使い方と効果とは?
シミに効くスキンケアとして、椿油を肌に塗るという方法が注目されています。なぜ椿油を肌に塗るとシミに効果があるのか、また注意点についても紹介します。
シミの原因は寝不足だった?睡眠が美肌に大切な理由
寝不足が美容に悪いことはなんとなく知っていても、シミの原因になってしまう具体的な理由は意外と知らない人も多いのではないでしょうか。寝不足がシミにどんな影響を与えるのか、対処法も含めて調べてみました。
シミ対策にはまず保湿!その理由とは?
シミの予防や改善には肌を保湿することが重要ですが、そのメカニズムは意外と知られていないのではないでしょうか。シミ対策と保湿を同時にしてくれる化粧品についても調べてみました。
マッサージでシミを消す!やり方と注意点
シミ対策には美白化粧品やサプリだけでなく、マッサージで血行やリンパの流れを良くすることも有効なケア方法です。シミ対策になるマッサージ方法や、行う時の注意点などについてまとめました。
シミと年齢の関係性と対策方法
シミと一口に言っても原因や性質によってさまざまな種類があり、年齢によって現れやすいシミの種類には違いがあります。シミと年齢の関係や、それぞれの対処法について調べてみました。
シミは市販の飲み薬で改善できる!?
シミは飲み薬で内側から治すという方法もあります。シミを治すための飲み薬は効き目も安全性も高いものが多く、ドラッグストアなどで誰でも購入することができます。どんな薬が有効なのかや、選び方を紹介します。
本当にシミが薄くなる化粧品ってあるの?
美白化粧品はよく見かけるけど、本当に肌が白くなったりシミが薄くなるんでしょうか?シミが薄くなる化粧品は本当に効果があるのか、詳しく調べてみました!
シミやくすみの予防策・改善策をチェック!
シミやくすみは一度できるとなかなか消えてくれないうえ、一気に老けたように見られてしまうのが嫌なところですよね……。シミやくすみの予防・改善方法を調べてみました!
毛穴の黒ずみは実はシミだった!?
女性の肌の悩みで多い「毛穴の黒ずみ」は、実は「シミ」だって知っていましたか?なぜ毛穴の黒ずみがシミなのか、どのようにケアするとよいのか、調べてみました!
スキンケアでシミを予防する方法をチェック!
シミって普段のスキンケアで予防することはできるんでしょうか?スキンケアに取り入れるだけでできる、効果的なシミ対策についてチェックしてみましょう!
そばかすとシミの違いとは?
そばかすって色や雰囲気がシミとよく似ているけど、どんな違いがあるんでしょうか?そばかすとシミの違いやケア方法について、チェックしてみましょう!
皮膚科でのシミの治療法をチェック!
シミってセルフケアではなかなか治らないけど、皮膚科だとどんな治療法があるんでしょうか?皮膚科でのシミの治療法について、メリットやデメリットを調べてみました!
シミ消し薬「トレチノイン」とは?
最近シミ消し効果で注目されている「トレチノイン」って、どんな薬なんでしょうか?トレチノインのシミ消し効果や、入手方法や費用について調べてみました!
シミ消し薬「ハイドロキノン」とは?
最近シミ消し薬として有名になってきた「ハイドロキノン」って、どんな薬なんでしょうか?ハイドロキノンのシミ消し効果について、詳しく調べてみました!
放っておくとシミになる?見逃せない肌荒れ注意報!
日々、私たちのお肌には屋外の日差しや屋内の空調による刺激など、様々なストレスにさらされています。乾燥からついお肌を掻いてしまう事はありませんか?肌荒れから起こるかゆみを放っておくと色素沈着を起こしてシミになってしまう危険があるんです!ここではシミにならないための肌荒れ対策についてお話します!
ストレスが溜まるとシミが増える!?
ストレスが美容に悪そうなイメージはあっても、シミの原因になるということはあまり知られていないかもしれません。ストレスとシミの意外な関係について見てみましょう。
シミ対策はしわ対策にもなる!一石二鳥のスキンケア方法
シミやしわといった老化現象を予防・改善する方法はあるのでしょうか?シミやしわができるメカニズムを知れば、対策法が見えてきます!
あなたの背中は大丈夫?シミとニキビの対策法
背中はシミやニキビができやすく、実は肌トラブルを起こしやすい場所です。自分では見ることもケアすることも難しい背中のシミやニキビの対策は、どのように行えばいいのでしょうか?
ピーリングがシミにもたらす効果とは?
ピーリングを行うことは、シミなどの肌トラブルを改善するのに効果的です。ピーリングはシミやくすみなどの女性の悩みに、どのような効果をもたらすのでしょうか?
美白有効成分のプラセンタはシミにどう効くのか
プラセンタは美白有効成分として認可された成分ですが、具体的にはシミにどんな効果があるのでしょうか?プラセンタがなぜシミに効くのか、調べてみました。
妊娠初期のシミには要注意!
待望の赤ちゃんを授かって喜ぶ間もなく、妊娠初期は様々なマイナートラブルに頭を抱えますよね。シミも妊娠初期の悩みの種の一つ。妊娠中にシミが増えてしまうメカニズムについてお話します。
シミに効くと噂のアルガンオイル。実際の効果は?
近年、様々なオイルを肌ケアに取り入れる女性が増えてきていますね。そんな中、シミに効果があるといわれているのがアルガンオイル。では、実際にアルガンオイルはシミの改善に効果があるのでしょうか?
尿素が原料の美肌水でシミが消える!?
シミが消せる化粧品といえば美白化粧品がまず頭に浮かびますが、尿素を使った化粧品でもその効果はあるようです。シミを消すことができるといわれる美肌水は尿素から手作りすることもできます。
シミができにくい体に!体質改善の方法
シミは生まれつきできやすい人とできにくい人がいます。体質改善を行うことで出来にくい肌に生まれ変わることも!?具体的な体質改善方法や、シミが出来やすい理由について解説します。
毛穴の黒ずみは汚れではなくシミかもしれません!
気になる毛穴の黒ずみは、汚れを放置したせいでシミになっているかもしれません!シミになってしまった毛穴の黒ずみケア方法と、予防方法を調べてみました!
シミに効果があると言われているLシステインとは
シミ用美白化粧品に含まれていることが多いLシステイン。シミに対して効果を示すということで、大変知名度の高い成分ですが、どのような成分なのでしょうか?Lシステインについて徹底的に調べてみました!
シミを作る元となるメラニン、どういった働きがあるの?
メラニンといえばシミの元となる色素細胞ですが、シミの原因となることから悪者のイメージも強いですよね。しかし、メラニンには肌を守るための重要な働きがあるのです。
自律神経の乱れがシミに影響する?
シミといえば紫外線のせいでできるイメージが強いですが、実は自律神経の乱れも原因の一つです。自律神経がどう影響してシミになってしまうのでしょうか?
シミを作らないために紫外線対策は保湿も重要!
紫外線対策は日焼け止めを塗っていれば十分と思っていませんか?シミを作らないためにも紫外線対策は徹底しないといけませんが、重要なのは保湿です。シミのない肌を作るために保湿が大切な理由をお伝えします!
シミが濃くなる原因って?
出来てしまったシミは、様々な理由で濃くなるんです!正直ただ日焼け止めを塗るだけだと足りない場合もあります。これ以上シミが濃くなるのを防ぐために、徹底ケアしましょう!
男性もシミは気になる!ケア方法は?
シミは女性だけの問題ではなく男性にも出来ます!老け顔に見えてしまうので、見つけたらすぐケアしたいですよね。男性のシミをキレイにするためのケア方法を調べてみました!
シミに効くと噂の精油、ネロリとは?
心を穏やかにしてくれるアロマオイルですが、シミに効果のある精油があるのをご存知ですか?たくさんの種類がある精油の中で、ネロリがシミに効くと言われています!ネロリがどんな精油なのか調査してみました!
シミの赤みは消えないの?意外な原因と対策は
赤みのあるシミができる原因はどのようなものがあるのか?処方薬と市販薬の違いは?など赤みのあるシミの原因と対策について調べたことを紹介しています。
液体窒素でシミの治療…実際どうなの?
液体窒素を使うシミの治療をしてみようかなと思っても情報が少く不安でもあります。実際に液体窒素でシミを除去した方達の体験談をもとに疑問を調べました。
酸化するとシミができる!?それはどう言う事?
お肌が酸化するとシミができると言うのですが、どのような現象なのでしょう?シミができる原因、酸化が及ぼす肌への悪影響とその対策などを調べてみました。